祝!坂本隼人2000本安打!

今日DAZNをたまたま開いたら、たまたま巨人対ヤクルトの放送が流れていて、たまたま巨人軍3番打者、ショートストップの坂本選手の打席のタイミングだったのだ。

実況を聞いているとどうやら後1本でプロ通算2000本安打と言うこと。何と言うタイミングだろうか。読書をしていたのだが、集中力を本からDAZNに移した。

低めの球を上手くレフト方向に運び二塁打!!見事に2000本安打を達成!ちょうどDAZNをつけたタイミングで素晴らしい打席に巡り合えて、勝手に坂本隼人に親近感を持った。

そんなこともあり、坂本選手が気になったので色々とネットで調べてみたが、イケメンで巨人の主力で、年俸も凄まじいときている。実は現ヤンキースの田中投手と小学校時代同じチームでバッテリーを組んでいたらしいと見てびくりしたりもした。誰しもが憧れる男の中の男だ。しかもまだ未婚らしいし、誰かと付き合っている系の記事は見ない(当然夜の街でぶいぶいいわせている系の記事は沢山あったが)。

こんなにイケメンのスーパースターなんだから引く手数多だろうにと不思議に思ったものの、ふとその時以前友達と話した内容を思い出した。

「選択肢が多いって言うのは結構不幸なことかもしれないよね」「だってもし自分が選択肢の少ない人間だって分かっていたら、最初に出会った人を運命の人だと思って、その人以外知らずに、その人だけを見ればいいんだから」

友達はそう言った。

「確かにそうだね。経験が増えて、比較対象が増えれば増える程、選択肢が増えて、自分にとって何が大事か分からなくなるよね」

確か僕はそんなことを言った気がするし、何も言わずに鼻でもほじっていた気もする。

なるほど。隼人もそうなのかもしれないなと思った。やつレベルの男になると逆に選べないと言う悩みがあるのかもしれないな。僕の中で勝手に出来上がったそんな人間臭い隼人に更に好感を持った。

隼人、2000本おめでとう。今日はゆっくり休んでな。人生悩んでいたら宇治五郎に相談してくれな。