TechAcademyを半年間受講した感想/僕はWEBデザイナーになれるのか #PJ5文字/85日目

Uncategorized
TechAcademyと言う比較的有名なオンラインスクールに通い始めて早半年が経ち、全カリキュラムが終了しました。せっかく半年も勉強しましたし、今後の自分の為にもまた、これからTechAcademyを受講しようと悩んでいる方の為にも、少し考えを纏めてみました。
ほとんど技術的なことは書いていません。WEBデザイニングやWordpressを学習する上で必要となる心構えやTechAcademyの評価を纏めてみました。
 
僕はメガバンクに勤めている銀行員です。
銀行に定年まで勤めるつもりはないものの、残念ながら継げる家業がある訳でも、新たなソフトバンクの様な会社を作るだけの情熱・頭脳・カリスマ性も有りません。WEBの勉強をして、一発当ててやると言う気概ではなく、例え今の会社を首になっても最低限は食っていけるスキルを身に付けよう。そんな少しネガティブな発想でWEBの勉強を始めました。

WEB制作(HTML・CSS)を選んだ理由

  1. コードを組んで、ボタンを押すと自分の制作物が画面にパッと表れるのが楽しかったから
  2. Progateで始めたレッスンがHTML・CSSだったから
  3. 一人(フリーランス)で食っていけそうだなと思ったから

「プログラミング言語」の領域に入ってしまうと、そもそもフリーランスで働くと言うよりは、組織に所属して分業して(協力して)大きなプロダクトを作る印象を持っていました。もちろんWEB制作の世界も制作会社さんなんかは社員が分業して大会社のコーポレートサイトを作ったりしているのでしょうが、制作会社から独立してフリーランスとして、個人で案件を受注している人もいらっしゃいます。そういった意味でプログラミング言語ではなく、一人で仕事がしやすそうな、WEB制作系のマークアップ言語を選択しました。

たぬきくん
やあ。独学じゃなくて、お金を払ってレッスンを受けようと思った理由は何でなのかな?
宇治五郎
そうだね。実はレッスンを受ける3ヶ月前から独学サイトのProgateで勉強はしていたんだよね。
たぬきくん
やっぱり、Progateだけじゃ物足りない感じだったのかな?
宇治五郎
そうだね。Progate自体は素晴らしいサイトで、今でも使っているよ。HTML・CSS・JQueryだけをとにかく繰り返して学習し、LV200を超えるあたりまで取り組んでいたんだけど、限界を感じたんだよね。
たぬきくん
あまり実践的じゃなかった?
宇治五郎
うーん。何て言うんだろう。内容は凄く分かりやすいんだけど、言語の「知識」しかつかないと言うのか。実務との繋がりが中々見えてこない部分があったんだよね。
Progateを通じて、マークアップ言語と呼ばれるHTML・CSSの基礎知識はついたのですが、「案件」を進めていく上で、どんな業務フローがあるのか、1案件どの程度時間がかかるのか、お客さんとのやり取りはどんな頻度なのか。上げればキリがないですが、より実務に生きる知識が欲しいと思い、独学の限界を感じ、オンラインスクールに通うことを決意しました。

なぜTechAcademy?

プログラミング系のスクールは最近増えてきてはいるものの、オンライン形式のスクールは数えられる程度しかないので(現在シンガポール在住の為)、そこまで迷うことは有りませんでした。その中でもTechAcademyは、
  1. 数多くのコースが、多彩な期間で開催されている。
  2. ネット上に落ちている評判も比較的高評価。特に、カリキュラムが難しすぎる、脱落者が出ると評しているサイトも有り、逆にスクールとして信頼感があるなと感じた
  3. 体験レッスンがある(Talkyと呼ばれるskypeの様なアプリでの面談)

なぜWebデザイン&Wordpressコースを選んだのか?

たぬきくん
こんなにコースがあると迷っちゃいそうだよね
宇治五郎
うん、少し悩んだ。HTML・CSSを学ぶWebデザインコースを受けることは決めていたんだけど、もう一つセットにして何か学びたいなと思って
たぬきくん
それでWordpressコースを選んだんだ
宇治五郎
このブログもWordpressで作っているから、自分のブログをカスタマイズ出来たら面白いなと思ったのと、フリーランス系の案件って大抵Wordpressのテーマ作成が出来る人を結構募集してるのでWebデザインを覚えた後の応用編として良いかなと。
そして念のため、体験レッスンでメンターさんに相談した結果、僕はWEBデザインコース&Wordpressコースを選択しました(それぞれ3ヶ月ずつ、計6ヶ月)。前半3ヶ月間でHTML・CSSの基本などをWEBデザインコースで学習し、後半のWordPressコースは、HTML・CSSで作ったホームページをより実用的に、Wordpressと言うホームページ作成ツールを用いて作成出来る様になるコースを選びました。

 

参考までにWordpressで作成されているホームページを一例として見てましょう。

東大農学部のHP

WordPressはPHP言語で作られたホームページ(もともとはブログ作成ツール)作成ツールです。PHPを一から覚えて自分でカスタマイズするのは難易度が高いですが、PHPで作られているWordpressの使い方を覚えれば、簡単に自分のブログや、ホームページを作れます。
全体の構成はHTML・CSSなどでホームページのアウトラインが決まっています(赤枠がHTML・CSS、緑枠がJavascript)。一方で、青枠の部分は新着情報がアップデートされる度に、新しい情報が上に表示されて、古い情報は下に移ってとか、「動き」があります。これはHTML・CSSだけでは実装出来ません。PHPと言うプログラミング言語を駆使しないと実装が出来ません。このPHPを0から覚えるのは結構難易度が高いです(TechAcademyにはPHPコースもあるので興味がある方はチャレンジしてみて下さい)。そこでWordpressが出てきます。WordpressはPHPで作られているブログサイトです。当然ブログを書けば、新しい記事が上に表示されたり、ブログのカテゴリーに応じて分類してくれたりします(自分で0からPHPのコードを組まなくてもWordpressに組み込まれているPHPが勝手に機能してくれます)。ですのでPHPの全てをわかっていなくても、ブログサイトであるWordpressの操作方法を勉強すれば、動きのあるサイトが作れちゃいます。

TechAcademyを受講した、率直な感想は?

やって良かったです。高い出費でしたが、投資した金額は回収出来ると思ってレッスンを開始しました。まだ、案件をこなせていないので、偉そうなことは言えませんが、回収出来る自信は有ります。
また、一番長い期間で受講した為(各レッスン3ヶ月ずつ)、時間にもそこまで追われることもなく、無事にカリキュラムを完了することが出来ました。
また、受講前にイメージしていた、実務に繋がる知識もたくさん学べました。エンジニア目線で、実務上必要となる知識を集中して学習することが出来ました。

受講した結果、学んだことは?

  1. 忍耐力
  2. 論理的思考力
先ほど時間に追われることも無く、カリキュラムが終わったとは書きましたが、実際僕はこの半年間休日のほぼ全てをTechAcademyに使ってきました(加えて平日の夜もです)。
レッスン期間中、週2回30分ずつのメンタリングの時間以外はずっと一人で作業です。僕は土日に一人で部屋に篭ってパソコン作業をすることが苦ではないタイプなので、特に苦労はしませんでしたが、ストレスは溜まりました。一人で黙々と作業をすることが得意で無い方は絶対に受けるべきで無いと思います。前評判通りそんなにカリキュラムもイージーではありませんので。
また、コーディングをしていると必ずどこかでエラーが発生します。大抵はケアレスミスだったりするのですが、一人で黙々と作業をしている中で急に表示の崩れなどのエラーが出ると、本当に絶望します。解決する気力も湧きません。でもエンジニアは、「解決出来ません。気力が湧きません」なんて言えないですよね。なぜエラーが起きたのか?どこが原因なのか?一つずつ冷静に分析して潰しこむ論理的な思考力と忍耐力が必要になってきます。
たぬきくん
結構地道なんだね。。。
宇治五郎
とっても地道で、地味です笑 黙々と作業をすることが苦手な人は絶対に挫折します。
宇治五郎
後は、沢山エラーが出ます。ストレス溜まりますけど、そういったエラーを解決した時に嬉しい!って思えたり、スキルのレベルアップを感じられました
たぬきくん
M気質じゃないと難しいかもね

半年の受講を通しての反省点

宇治五郎
特に有りません。全て計画通りです。
たぬきくん
凄く自信家なんですね。なんか難しかった点とかは?
宇治五郎
強いて言えば、自分のホームページを作る時に、クオリティを重視し過ぎた点ですね。難しく考えて過ぎてしまって時間を無駄にした部分は有ります。
たぬきくん
クオリティを重視することは大事な気もしますが?
宇治五郎
それは間違いないんだけど。悩み過ぎて手が動かないみたいな時間が結構有ったんですよね。まあ、突き詰めると、サイトを構築する時の一番最初の作業、ホームページのアウトラインを考える時間と密度を上げるべきだったと言うことかもしれません。
たぬきくん
事前準備が大事。また、あまり背伸びし過ぎず自分の持ち合わせている技術の範囲内で作るって事が大事なのかもしれませんね

オンラインスクールと独学はどちらが良いか

本気なのであれば、絶対にオンラインスクールを受講するべきだと思います。
どんなに頭が良い人であったとしても、やはり最初は色々と勝手が分かりません。
つまらないところでたくさん躓くのは必至なので、そこで挫折しない為にも、明確に定まったカリキュラム、相談出来るメンターさんがいる環境は選んで良いのでは無いでしょうか。
時間をセーブして効率的に学習する為にもスクールに通うことはおすすめします。

TechAcademyの弱点は?

さっきから良い事ばかり書いていましたが、当然このスクールにも弱点は有りました。
TechAcademyの「売り」の一つに、いつでも経験豊富な講師陣にSlack(自分と講師数十人のLineグループの様なイメージ)で質問が出来る制度が有ります。
これがどうしようもない。
とても控え目に表現して、クソでした。
たぬきくん
抑えて、抑えて。冷静になって下さい。
宇治五郎
失礼しました。思い出すとイライラしてきます。
たぬきくん
講師陣のレベルが低いんですか?
宇治五郎
そうゆう事です。彼らの知識や技術のレベルは最早知りません。一言で言えば遣り取りが成り立たないのです。受講生の質問の意図をまず汲み取れない。回答も的外れ。礼儀もなってない。三拍子揃っています。加えて、一番質問したい土日の質問可能時間が午後の遅い時間からとか、ナメてるんですね
補足をさせて頂くと、僕の個人メンターさんはとても優秀でした(ここが優秀でなかったら、終わりですが)。
ただ、メンターさんとは週2回30分ずつしか相談出来る時間が有りません。
日々カリキュラムを一人でこなしている中で些細な質問が浮かんでくるので、そんな時にこのslackサービスが生きてくる筈なのですが、期待ハズレも良いところでした。
使いたい局面は多々ありましたが、イライラさせられるので、途中から使わなくなりました。
TechAcademyさんは本気でこのslack制度を見直すか、いっそのこと廃止するかした方が良い気もします(それ以外はレベルの高いスクールなので)。
今はSNS時代なので、悪評は一瞬で広まってしまいますからね。
本当に不快な思いをしました。
*どうしようも無い有象無象のメンターはいるものの、カリキュラムの質は間違いないので、受講はオススメしておきます(このslackサービスはそういうものだと思って諦めればOKです)。

今後僕はどうしていくのだろうか?

制作会社に入るべきだと思っています。
やはり勉強と仕事は別物です。
TechAcademyを終了しましたが、残念ながら今すぐフリーで仕事が出来るレベルには到達していません。
個人的にはこの基礎知識を生かす為に、絶対に制作会社に入って案件をこなすべきだと思っています。
ただ、焦っても仕方有りません。
日本国外にいると言う物理的な制約も有りますが、僕にはこの半年間の学習の復習期間が必要です。
そして改めて自分のポートフォリオサイトを作るステップが必要だと思っています。
自分が学んだ知識を定着化させて、実績も見せられる様に一旦時間を置きたいと思っています。
ポートフォリオサイトは完成したらこのブログでアップしたいと思います。

これから勉強する人へのアドバイス

ぜひ、頑張ってください。
ただ上述させて頂いた通り、一人で作業をしたり、つまずいた時に一人で悩むのが苦手な人は諦めてください。
きっとあなたには他に時間を使うべき得意な分野があるはずです。
あと、コーディングは暗記モノでは有りません。
どうしても「Web制作」、「プログラミング」と言うと、暗記だと思い込んでしまう方が多い様ですが、違います。
暗記するよりも理屈や仕組みを理解することが大事です。そこを理解した上で沢山周りのコードをコピペしましょう(逆に言えば理解せずにコピペしても、絶対どこかでエラーが出てしまいます)。